『京都医塾』が文春砲を受けて、公表されている合格実績の数字の信ぴょう性が疑われた件をご存じですか?

「『京都医塾』の清家塾長ってどんな人?」「2ch(5ch)掲示板でも話題になっているみたいだけど?」と思っている方にとって、どんな評判が挙がっているのか、どんな内容が報道されたのか気になると思います。

そこで、このサイトでは、『京都医塾』の口コミ・評判も調べて、実情がどうなっているのか、まとめてみました。

具体的には、

  • 『京都医塾』が文春砲を受けた合格実績の実態
  • 「どんな子でも医学部に合格させる」清家塾長の指導方針について
  • TwitterなどSNSの口コミ、評判について

をご紹介していきます。

3分くらいで読めますし、これから『京都医塾』に入塾しよう、子供を入れようと思う方にとって、実情がわかる内容にしておりますので、ぜひご一読を!

京都医塾が文春オンラインに報道された?

文春オンライン(2019年3月18日)の報道

『京都医塾』に関する記事が文春オンラインで取り上げられたのは、2019年3月18日のことです。

2018年の実績として公式サイトに掲載されていた合格率の数字が、2次試験まで合格したものではなく、1次試験(センター試験=現在の大学入学共通テスト)の数字だった、と記事では紹介されていました。

さらに、よく調べてみると、81%という合格率は、1次試験の合格率であることがわかった。2次試験の合格率は59名中36名合格の61%だと、「京都医塾」自身が2019年2月某所で行われた塾・予備校の合同セミナーで発表している(現在全国のほぼすべての医学部で1次試験と2次試験が行われている)。

 合格率30%の受験生でも3年連続で受ければ、理論的には全滅の確率は0.7×0.7×0.7=0.343で、34.3%。約65%の確率で合格できる。

(引用:https://bunshun.jp/articles/-/11084

この時の文春オンラインの記事には、『京都医塾』の公式サイトに掲載されていた2018年の医学部合格実績は81%。対して、現在掲載されている2020年の合格実績は、1次合格が73%、2次合格が58%になっています。

文春オンラインの記事では、「正確な数字が公表されていなかった」と批判するような雰囲気で書かれていますが、実際のところ、『京都医塾』は嘘を書いていたわけではありません。

まず、2次試験の合格率は59名中36名合格の61%と、2019年2月に『京都医塾』が参加した塾・予備校の合同セミナーで正式発表していたので、正しい情報は公開されています。

また、文春オンラインが算出している合格率65%を出す方法(合格率30%の生徒に毎年受験させ、3年後に合格したとすると、不合格率70%×70%×70%=34.3%になる)は、確かに計算上は合っています。しかし、『京都医塾』の公式サイトには計算式が掲載されていないので、この算出方法は予想にすぎません。

この文春オンラインの記事についても、『京都医塾』は公式サイト内でもしっかりと真摯に回答していますので、こちらもあわせてご覧ください。

週刊文春の過去の誤報①日経新聞社長の熱愛報道

文春オンラインを含む週刊文春は、誤報を発表することもあります。実際に、以下のような事例が過去にありました。

週刊文春の2012年7月19日号に、当時の日本経済新聞社社長の喜多恒雄さんが住んでいる東京都内のマンションから、経済部の女性デスクの方が出勤していたと紹介された記事が、「信用性が極めて弱い」として東京高裁が判決を出し、最高裁でも敗訴が決定しました。

そして、週刊文春2015年6月25日号で「記事すべてが事実に反する誤報」とし、さらに日経新聞上でも謝罪広告を出す結末を迎えています。

週刊文春の過去の誤報②東国原英夫が知事室に女性を呼んだ件

2012年9月20日の週刊文春で、東国原英夫さん(当時宮崎県知事として在職)が、知事室に気になっていた女性職員の方を招いていたという記事を掲載しました。この件も裁判になり、東京地裁は「内容が真実だと信じる証拠」がないとして、名誉棄損が認定されています。

ただ、この時は東国原英夫さん自身に知名度があるので、記事に対するコメントを発表することで名誉を回復できる可能性があるとして、週刊文春に謝罪広告は掲載されませんでした。

上記2件の裁判例から、文春オンラインを含む週刊文春は、実際には事実ではない内容も報道することもあるので、『京都医塾』に対する記事も実際のところはどうなのか、情報を集めて判断すべきです。

京都医塾の2ch(5ch)掲示板のコメントは?

『京都医塾』が、2ch(5ch)掲示板で様々な評価をされていました。実際にどんな声が挙がっていたのかまとめてみます。

・そんな医者なんだかちょっと不安だけどなんでだろう スポーツ選手とかならすごいなと思えるのに

簡単なことを教えて金を取るのが難しい 基礎の部分だって時給千円でバイトの学生が教えるのと時給1万円でプロが教えるのは全然違うんだけど、世の中はそこに価値を見出さないからな

・医者の子なら元々の遺伝子はそこまで悪くないし 何かしらの理由で躓いてる部分をなんとかすれば前に進めるんだろうな

・医学部専門予備校って一般には知られてないだけで、めちゃくちゃあるよな しかも学費がどこもべらぼうに高い そもそも医学部は赤本自体、普通の赤本より高い

500万とか医者になれるんなら安いもんか

・何浪しようがここまで手厚く保護してくれるんだから幸せもんだな 出来る事なら俺も働かずにずっと勉強したいわ

500万円で国立医学部に行けるなら安いもんだろ 安くなったとはいえ私立と国立でいまだに2000万円は違うんだし

(引用:2ch(5ch)掲示板『小学生レベルの学力でも何年かかっても医学部に合格させる医学部専門予備校 年間授業料は500万円以上 8浪目の生徒も在籍』)

『京都医塾』の学費は公式サイトでも公表されていますが、『京都医塾』の学費が年間500万円かかることについて、2ch(5ch)掲示板に書きこんでいる人たちは驚いたようです。

ただ、この金額は、『京都医塾』のオーダーメイドの学習プランで算出された一例であり、実際には入塾する子供さんによって変動します。『京都医塾』は生徒一人ひとりでメニューが変わり、マンツーマン授業・集団授業と授業の受け方も変わるのが特徴です。

1日のカリキュラムは8枠で、合計14時間にもなり、15分刻みのスケジュールが設定されています。詰め込み方が他の予備校に比べると過密に感じるかもしれません。

しかし、入塾する子供さんによっては、偏差値40ほどの中学生・小学校レベルの学力の人を、医学部入学レベルにまで引き上げてくれる『京都医塾』は貴重な存在です。

多くの生徒さんを何人も抱えるのではなく、50人ほどの生徒しか在籍していないのは、一人ひとりの生徒さんに割く時間が多いからでもあるでしょう。

京都医塾の口コミ(評判)は?

『京都医塾』の口コミ・評判をまとめてみると、とても良い評価が挙がっていました。『京都医塾』に実際に参加した生徒さんが、公式サイトに多数コメントされています。

・京都医塾の良いところは、1日最低14時間という学習量と先生の質の高さであると思います。授業は上から一方的にではなく、生徒のレベルに合わせて生徒それぞれの立場に立って教えてくれます。苦手意識のあった英語も、誰もが難しいという昭和大の問題でさえ難しく感じなくなっていました。

(引用:https://www.kyotoijuku.com/what/interview/

『京都医塾』は他の医学部予備校と比較すると、圧倒的な勉強量と質の高いサポート環境により、生徒さんにあった学習計画を立てて、偏差値を引き上げてくれるのが特徴的ですね。

・京都医塾ではとにかく丁寧に教えてもらえました。これほど丁寧に教えてもらえる機会はもうないと思います。今までの学習は、疑問に思っても解消できないまま授業が進み、基礎の定着ができないままでした。しかし京都医塾では一方的に授業が進むのではなく、生徒が理解していなかったら理解するまできっちり説明してくれます。それでもわからないときは説明の仕方を変えてわかるまで教えてもらえました。

(引用:https://www.kyotoijuku.com/what/interview/

苦手な科目があってもできるようになるまで根気強く指導してもらえるので、必ず学力が挙がります。創設13年の間に、挫折してしまった人は10人未満の実績からも、指導の丁寧さが感じられます。

・医師を目指し再受験しようと勉強を始めたときは、まさに0からのスタートに近い状態で、人より遅れて医学部受験を始めたことのプレッシャーや不安もありました。しかし先生方に親身に話を聞いてもらい、自分に合ったカリキュラムを組んでいただいて、継続して努力することができました。

(引用:https://www.kyotoijuku.com/what/interview/

学習が遅れていても、『京都医塾』なら大丈夫です。医学部合格レベルの偏差値65に引き上げるサポート体制が、『京都医塾』の魅力となっています。

また、受験の専門家は、学習用鋼の充実だけでなく、生活面もしっかり指導してもらえる『京都医塾』の環境はすばらしいと、以下のようにコメントされていました。

塾内では朝6時起床夜の0時就寝を推進。朝の点呼を行ったり、生徒が入退する際には保護者にメールで通知したりなど、勉強面の指導はもちろん生活面での指導も行っています。このように京都医塾は、1年間最後まで集中力を切らすことなく走り抜ける環境を提供している塾です。また、月に3回の教科別会議と月に1回の担当者会議で講師同士が集まり、生徒一人ひとりについてじっくり話し合う機会を設けています。生徒一人に対して13人の講師がいるからといって指導方法が異なることはないため、生徒が困ることはありません。

(引用:https://jyukumiru.com/columns/articles/520

2021年の京都医塾・塾生合格速報!

早くも京都医塾では下記の通り今年2021年度の合格実績を紹介しています。
他の予備校にはない独自のシステムとして、京都医塾では「相性評価」を使って、塾生一人一人にあった、合格する確率の高い医学部を選んで、受験するように指導しています。

「相性評価」では、まず講師陣が各医学部の全入試問題を全て解いてチェックをすることで各医学部の特徴や難易度を把握します。さらに塾生一人一人の特徴も把握し、各科目の得意不得意の他、どんなケアレスミスをしやすいのか、早く問題を解答するプレッシャーに強いのか等、最後に各医学部受験の傾向と塾生一人一人の癖や特徴を照らし合わせながら、各医学部との相性を数値化します。これで受験校を決める判断材料として、塾生一人一人が活用して、多くの塾生が医学部合格を勝ち取っています。
最終的にどのような結果になるのか凄く気になりますね。

国公立大学医学部(推薦入試・最終合格)
京都府立医科大学   2名  滋賀医科大学     1名

私立大学医学部(推薦入試・最終合格)
関西医科大学     2名  兵庫医科大学     2名
金沢医科大学     2名  愛知医科大学     1名
川崎医科大学     2名  久留米大学      1名

私立大学医学部(一般入試・一次合格速報)
金沢医科大学      17名  兵庫医科大学   13名
川崎医科大学      11名  埼玉医科大学   10名
岩手医科大学        9名  帝京大学            8名
獨協医科大学        8名  愛知医科大学     8名
福岡大学               7名  近畿大学             6名
聖マリアンナ医科大学    6名  大阪医科大学     6名
関西医科大学        5名  杏林大学       5名
藤田医科大学        5名  久留米大学      4名
北里大学               2名  東邦大学             2名
東京女子医科大学      2名  東海大学       1名
東京医科大学        1名  日本大学       1名
防衛医科大学        1名  自治医科大学     1名

ちなみに、『京都医塾』はTwitterの公式アカウントで受験情報の他、合格者情報も随時公開しています。また、直接ツイートしてくる批判的なコメントに対してもしっかりと答えていますので、是非ご覧ください。

京都医塾の清家塾長はどんな人?経営方針は?

『京都医塾』をYahoo・Googleで検索すると、『京都医塾 清家』と関連キーワードが出ます。この名前は、上記の画像にも映っている『京都医塾』の清家二郎塾長です。現在の大学・医学部の現状を分析し、入塾する子供さんを確かな指導法で合格させる方として知られています。

『京都医塾』の面談に来る子供さんの中でも、特に開業医の親を持ち、跡を継ぐ使命を担っているお子さんは、両親が受験した当時と難易度が大きく変わっていることをあまり理解してもらえず、両親からの強いプレッシャーを受けてる人も多い状況について清家二郎塾長が語っていました。

やはり難易度の高い医学部受験では、生徒のストレスも大きい。気持ちが安定した状態で受験勉強に励むことができなければ合格は難しい。どうしても子どもの勉強が気になってしまったり、焦ってしまい、「大丈夫なの?合格できそうなの?」と聞いてしまう。そうすると、どうしても心が揺れてしまい、気持ちを安定させることが難しくなる。まずは、保護者が安定しないと受からない。『頑張ってるね!』という声かけ、食事と睡眠が取れる環境を作ってあげる。それ以外は、信頼できる予備校に任せるのが良い。

(引用:https://medical-tribune.co.jp/special/crammer/pr/519371.html

『京都医塾』の1年間の費用は、500万前後と難関大学医学部対策の塾としては、高い方ではないものの、安い方でもありません。そのため、実際に子供を入塾させようとする両親は、片方か、もしくは両方とも医者の場合が多く、自分の子にも医者になってほしいと思っている方が多いそうです。

現在の医学部の状況は、親御さんが大学に入学した当時に比べると、明らかに人気もレベルも上がっています。たとえば、私立医大の順天堂医学部の1990年当時の偏差値は55ですが、2020年には69.3です。この傾向は全国の医学部に共通しており、最低でも偏差値65はないと、医学部には入れなくなっています。

そんな中でも、京都医塾では入塾テストは行わず、学力で生徒を選別することはしないそうですが、生徒を徹底的に分析したうえで、合格までの距離とやらなければいけない学習を生徒自身が理解した上で、どうしても医学部に進学したい、医師になりたい、そのために頑張るという強い思いを持った生徒のみ入塾を受け入れているそうです。
清家二郎塾長は本気で医師を目指して、多くの患者を救いたいという思いを持っている方々を入塾させたら、最適なサポートをして、医学部合格に導かせたいと考えている、物凄い情熱を持った方です。

 まず、生徒の「状態」を正しく把握しないことには、ベストなカリキュラムをプランニングできません。最短合格を実現するためにも、入塾の際に面談を実施して生徒が小中高とこれまでどんな学習をしてきたのか、過去の成績などを詳しくお聞きしながら、その会話を通じて生徒の性格なども同時に分析していきます。
さらには、アチーブメントテストと呼ばれるもので学習到達度を測る。これは中学レベルから入試レベルの問題まで出題し、生徒の現時点での学習レベルを測定するもので、これを5段階で評価する。その上で、各教科の体験授業をしていただきます。体験授業を通じて、「どんな誤解が生じているのか?今までどのように勉強をしてきたのか?丸暗記になっていないか?理屈がないと覚えられない子なのか?」など様々な角度から、これまでもかというくらい分析を重ねていきます。
これらを踏まえて、合格までの距離を予測し、最後にもう一度面談を実施し、「こういうステップでこういう勉強をすべきですよ。」と報告をします。それに対して、生徒本人と親御さんが十分に納得していただいて、はじめて入塾が決まります。

(引用:https://medical-tribune.co.jp/special/crammer/pr/519371.html

ほぼすべての子供さんを合格させる『京都医塾』の指導法によって、入塾時に偏差値35だった子でも、2年目に90%の確率で偏差値を50に上げ、さらに3年目には偏差値60に80%の確率で到達させ、さらに翌年には偏差値65まで上げれば、医学部合格も目前になります。

子供さんによって、学力の向上スピードには差があるものの、マンツーマンの指導法により、開講から13年間で293人が進路を無事に決め、連絡が取れなくなってしまった子が10人未満という好成績を収めることに成功しているそうです。

また、ここまで読んだ時点で清家二郎塾長の事も含めて京都医塾についてもっと詳しく知りたい方は先日、福岡のテレビ局・RKB毎日放送「池尻和佳子のトコワカ」に清家塾長が出演されて、自ら京都医塾の事について色々と語っており、Youtube動画としても配信されていますので、是非ご覧ください。

まとめ

この記事では、『京都医塾』が文春オンラインで記事にされたこと、清家二郎塾長について、2ch掲示板などに上がっている評判・口コミについて、ご紹介しました。

もう一度、この記事の要点をまとめてみます。

  • 『京都医塾』が文春オンラインに公表されている合格実績について記事にされており、2021年現在ではより正確な実績が公開されている
  • 2ch(5ch)掲示板では、年間500万円の学費に驚いている声が多数上がっていた
  • 実際に『京都医塾』で医学部に入学した人の口コミは、充実した指導内容に満足していた。特にできるまで丁寧にサポートしてくれる環境に感謝していた

どんな学力の子供さんでも、入塾すれば大学合格まで導いてくれる指導体制が、『京都医塾』の魅力です。他の予備校ではここまで丁寧にサポートしてくれるところはありません。

もし『京都医塾』に興味を持ったなら、入塾テストなし、交通費・1泊2日の宿泊費負担なしの無料体験をぜひ試してください。