肌がきれいな女性
  • ホーム
  • 間違ったスキンケアが起こす影響について

間違ったスキンケアが起こす影響について

スキンケアをする女性

無意識のうちに間違ったスキンケアを行うほど、肌に悪いことはありません。
肌ダメージを与えるためのケアをしているようなものです。
最適なスキンケアというのは、人により変わってくるものです。
メディアで話題だとか、芸能人やモデルが実践しているなどの理由で取り入れても、自分に合わないことがあります。
そのうち効果が出てくるなどと気長に考えて続けてしまうと、ますます肌状態を悪化させます。
大切なのは自分のお肌に合うかどうかです。
ドラッグストアや化粧品売り場に行けば、肌タイプ別のスキンケア用品が売られているでしょう。
肌タイプや年齢が変われば、適切なケアも変わってきます。
洗顔の回数は1日多くても2回で十分です。
過度の洗顔は皮脂を除去し、外的刺激を受けやすい状態にしてしまいます。
1日に5回ずつ洗顔したら、お肌が荒れてしまったという方もいます。
洗顔の目的は、お肌の汚れや古くなった皮脂、ファンデーションなどを落とすことです。
これらを落とすためには、1日に多くても2回の洗顔で十分でしょう。
洗顔してもすぐに皮脂が発生するという方もいるでしょうが、皮脂は保湿する役割があるので、多少は皮膚に残しておいたほうがいいのです。
重要なのは古い皮脂を翌日まで残さないことです。
就寝前までに古くなった皮脂を除去しておけば問題ありません。
洗顔をするときはゴシゴシと擦らないようにしましょう。
擦ってしまうことで肌を傷つけたり、免疫力を低下させたりします。
泡がモコモコ状態になるようにして、泡で優しく洗うようにしてください。
細かな泡は毛穴の汚れまでしっかり落としてくれます。
毎日洗顔しているのに皮脂がべたつく方は、泡立て方が不足している可能性があります。